沼津Lot.n(ロットン)で狩野川カヤック体験に挑戦!乗り方や漕ぎ方のレクチャーがあり安心して楽しめます♪

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 受付風景沼津観光
スポンサーリンク

2021年3月27日(土)に沼津市で「寛平アメマナイトマラソン in沼津2021」というイベントがあり、狩野川・風のテラスで、あげつち商店街のLot’n(ロットン)が「カヤック体験」のコーナーをされていたので、行ってきました。狩野川に浮かんだカヤックを見ると、乗りたい気持ちが高まりました!初のカヤック体験です!!

狩野川でカヤック初体験!!

最初はカヤックの乗り方や漕ぎ方のレクチャー

イベント中の「ロットン カヤック体験コーナー」は、10分レクチャー、約20分のショート体験で、1回1,000円(税込)でした。最初に2人分お支払いして、救命胴着を装着して、早速レクチャー開始です。

救命胴着は大人用Lサイズ、Mサイズ、子供用サイズがあります。わたしたちはどちらもMサイズを着用しました。ベルトは体格によって調整できるので、ぴっちり装着できるように、きちんと調整します。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 救命胴着 パドル

パドル(カヤックを漕ぐ道具です)の持ち方を教えてもらいます。両手でしっかり持って、頭の上にパドルを上げて、腕を曲げます。その時に二の腕との角度が約90度まげてパドルを持てる幅に、持ち手の位置を調整します。カヤックに乗り込んだイメージでお腹の前までパドルを落として、右手側のパドル先の面がスプーンになっている(水を受けるため凹んでいる)方を自分側に向けます。あとは右腕、左腕を交互にうごかして、パドルでしっかり水を掻いていく動作を練習します。イメージとしては右腕を引く時は左腕でパドルを押すと漕ぎやすいそうです。

次にカヤックに乗る時と降りる時のコツを教えてもらいます。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 1人乗り用

カヤックの穴が空いているところに人が入るのですが、写真のグリーンのカヤックをみていただくと、穴の淵に黒いラバーが2箇所(左右1箇所ずつ)はまっているのがわかります。進行方向(写真では左側)をむいて、黒いラバーがはまっているところをしっかり持って、まずは右足を入れ、続けて背もたれのところに腰を合わせて、お尻を落とすイメージで体重移動します。その後に左足を入れます。重心を低く保ってまずはお尻をカヤックに入れちゃいましょう!というのがポイントです。

*体験時はインストラクターの平田さんがきちんと教えてくれるので、ご安心ください!

1人乗り用か2人乗り用かを選びます

1人乗り用の方が乗りやすそうに見えたのですが、どうしても軽くなるので、2人乗り用に2人で乗る方が初心者には安定しやすいそうです。私たちは2人で参加したので、2人乗り用に乗りましたが、1人で参加して、2人乗り用に乗りたい場合は、インストラクターの平田さんが同乗して、後ろからレクチャーを受けながら乗ることができます。とっても安心!

こちらが1人乗り用。(先ほどの写真のグリーンのカヤックも1人乗り用です)

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 1人乗り用 オレンジ

こちらが2人乗り用。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 2人乗り用

カヤックで狩野川探検?!ヨーソロー!

すみません、乗っている間は、パドルを漕ぐこと、楽しすぎたことにより、一切写真を撮っておりません!!文章だけでお伝えしたいと思います!!(ぜひ体験して、満喫していただきたいです。)

レクチャーを受けて、カヤックに乗り込みます。インストラクターの平田さんがしっかりとカヤックを抑えてくださっていて、教えてもらいながら乗れるので、怖くなく、安心して乗り込めました。私はどんくさいので、お尻を落とすときにドン!と勢いよく座っちゃいました・・・(^^;

2人共乗り込んでパドルを持ち準備が整うと、岸辺からカヤックを押してくれます。次の一瞬の隙にインストラクターの平田さんはすでに1人用カヤックに乗り込み、パドルで漕ぎ方を実演レクチャーしてくれます。それを見ているだけだと、カヤックは流されるので、ちらっと見ては、自分のカヤックを必死で漕ぎます。2人で乗っているので最初は「右!左!右!左!」と掛け声していましたが、慣れてくると、後ろの人が前の人の動きに合わせていけるようになります。

2人乗りのカヤックの場合、前の人がエンジン役でパワフルに漕ぎ、後ろの人は舵取り役とのこと。器用なかっつ丼が後ろで、何も考えずうりゃ〜!役の私が前で、正解!?

狩野川は意外と浅い?!

左に曲がりたい時は右のパドルのみで漕ぎます。右に曲がりたい時は左漕ぎをします。そうして調整しながら狩野川をのぼり、あゆみ橋をめざします。

途中で狩野川が意外と浅いと教えてもらいました。実際パドルを川底につけて見せてくれる平田さん。(漕ぎ方もかっこいいです。笑)川を覗き込んでみると、満潮時で狩野川も水位が高い方にも関わらず、川底がすぐ見えていました。狩野川は透明度も高いですね。

狩野川を登って橋の橋脚を回って帰るコース

あゆみ橋を超え、三枚橋の橋脚を回って、帰ってくるのですが、途中でボラが跳ねて、カヤックの鼻先にドスン!と体当たりして川に戻っていったり、川から飛び立つ川鵜が頭上すれすれで水しぶきを落としながら飛んでいったりしました。

インストラクターの平田さんのカヤックの中にボラが飛び込んできたことも、楽しい思い出の一つとなりました。ボラは生臭いらしく、なんとかカヤックの外に出せたものの、その後もずっとカヤックが生臭かったそうです(^^;

生き物が好きな私は、びっくりしたものの、楽しいハプニングとなり、幸運だなぁと思いました!

帰りは川の流れに添うので、比較的漕がなくても、ある程度まっすぐ保っていれば、楽に戻ることができました。

コースはその時の状況次第!狩野川がより身近に感じることができるカヤック体験!

カヤックで進むコースはその時の川、風等の天候の状況や、乗ってみた時の本人の状態次第で、インストラクターの平田さんが細やかに調整してくださいます。行きたいところがあれば、事前に相談してみたりするのもいいと思います!

平田さんが併走?しながら、狩野川のことや景色のこと、カヤックのこと、いろんなことを教えてくれます。とっても知識が豊富だなぁと感動しました。頼りになりますし、知らなかった狩野川のことも仕組み?も知ることができて、楽しいだけではない、充実したひとときを過ごせました。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 満ち潮時の狩野川

カヤックから降りて記念撮影?!

カヤックから降りるときも、平田さんがしっかりカヤックを抑えてくれているので、足を陸につけて、エイッと腰をあげるだけで、簡単に降りることができました。

パドルを漕ぐ時にパドルを上げすぎて水が伝ってきたことで、多少足が濡れることはあります。心配な方はクロックスみたいなので靴下無しで乗るのも気が楽かもしれないですね!これは平田さんが使用されていたサンダルとパドルです。平田さんは狩野川に足浸けて、私たちが乗り込むカヤックを抑えていてくれたりするので、足元は濡れる前提でインストラクトの仕事をされています。だから、写真通り、しっかり濡れた状態となっています。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ パドル先

カヤックと梨子丼ちゃんとしいたけ丼ちゃん

興奮冷めやらぬなか、平田さんにOKもらって、カヤックと梨子丼ちゃんとしいたけ丼ちゃんと、記念撮影しました。

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 2人乗り用
ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 1人乗り用 梨子丼&しいたけ丼
ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 受付 梨子丼ちゃん

なんとカヤックには折りたたみ式もあるそうですよ!!受付の横にありました。全体は写っていないですが、なんとなくテントみたい?!

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 受付

この写真は、インストラクター平田さんが、ボラ臭くなってしまったカヤックを狩野川の水とタオルでぬめりをふいているところです。狩野川の水で洗い、太陽に干す!アウトドア満喫!!

ロットン Lot'n 沼津 あげつち商店街 カヤック 体験 狩野川 あげっこ 1人乗り用 清掃中

沼津の狩野川でカヤック体験はロットンで随時受付されています

今回は、イベント価格でしたが、ロットンさんで通常は1,500円/1人30分(大人・子供共通)でカヤック体験ができるとのこと。状況によっては15分単位での延長も追加料金かかりますが、可能とのこと。詳しくはロットンさんのツイッターもしくはホームページ(Lot’n)のカヤック体験のページでご確認ください。

沼津 ロットンでは電動アシスト自転車のレンタルや、レンタルスペース「はなれ」の運営もされています。利用させていただいたときの体験ブログはこちらです!

沼津観光
スポンサーリンク
この記事を書いた人
うんちゃん

沼津の海と空に心を奪われ、満喫中な、アラフィフです。ブログの記事更新をしています。チクチク羊毛フェルト係。体力ないけど自転車も大好き。超ビビリなマヌケでおとぼけさんです。

うんちゃんをフォローする
かっつ丼&うんちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました